種子

2012/06/27

台風4号のあと その1 <種子>

久しぶりにいつもの浜です。先週の台風4号の影響ですね、浜が漂着物でごった返していました。ここは東京湾の奥の奥。日頃は波があるようなないような、全体的にあまり変わり映えのしない浜なので、こんなことは非常に珍しいです。長時間にわたってひどく荒れましたからね。なかなか面白いものもありましたので、順にUPしていきます。

Img_51982
唯一のお持ち帰りは種子。このお尻っぽさはヒメグルミでしょう?以前よその浜で一度だけ拾ったことがありますが、この浜で見つけたのは初めて。これは磨くとキレイなのよね。ツルスベにして『いつもの浜第一号記念』にしましょうかね。

Img_52312
ヒシの実もありました。ヒシの実の漂着自体はそれほど珍しくありませんが、あまりに牛顔だったもので。

Img_52142

|

2008/12/27

人体パーツシリーズ

「おしり」はヒメグルミ。

Img_97892
「脳みそ」はハマユウ。

Img_97952

|

2008/09/05

盤洲干潟(ばんずひがた)へ再び

約1年ぶりの盤洲干潟。いやぁ、今日は惨敗ですよ。↓このようにあっちにもこっちにも緑色の海そうがわんさか押し寄せていて、せっかくの溜まり場が覆い尽くされて見えないの。薬ビンと思われるものを2、3拾っただけでした。ま、こんなこともありますわね。

Img_41062
↓行ったことのある方はおわかりでしょうけれどビジターセンターの建物がなくなっていました。写っているのはバイオトイレの建物で、以前はその横にありましたね。

Img_41302
相変わらずのカニ天国~。干潟に出るまでの草むらにも、干潟に横たわる竹の棒の中にも、それから人間の捨てた空き缶の中にもカニ、カニ、カニ!この狭い中に2~3匹いるんですよ。↓向こうもこっちを見てるね。

Img_41172
↓今日の一番の発見はこちら。な~んと、東京湾でヤシの実です。わざわざ浦賀水道を通ってやって来るなんてね。残念ながら今回は写真のみでした。お、重いから早く~!

Img_41112

|

2007/09/08

台風9号の置き土産

外房の海です。台風は去りましたが、風が強ぉ~い!そんな海で拾ったものは・・・

Img_15392
↓じゃ~ん!ヤシの実、大きいでしょ。重くてねぇ、持つ手が筋張っていて、恥ずかしいの。

Img_15382
↓じゃ~ん!ヤシの実その2です。後半戦でそこそこくたびれていて重くて、こんな写真でごめんなさい。でも同じ日に2つも拾えたのはもちろん初めてです。ばんざ~い\(^o^)/

Img_15812

|

2007/08/28

ルリガイショック

↓外房の浜で拾ったルリガイ。先日富津で見た泡付きは拾いませんでしたが、今回のものは泡なしニオイなし!割れるといけないので、浜に転がっていたワンカップのペット容器に海水を入れて、その中に入れて持ち帰りました。その日は一緒に拾ってきたカボチャにいれ込んでいたので、洗ったのは翌日。いやぁ、臭いっすね(-"-) 鼻曲がるかと思ったわ、キョーレツ。浜で確認した時は泡も異物も見えなかったのに、洗う時に水圧で中の方から色々、いろいろ出ていましたね。ルリガイは、私、もう当分いい。

Img_10262
↓同じ日に拾った、何かの種子だと思うのですが・・・何でしょう。名のあるものなら、どなたかご存知でしたら、教えていただけると嬉しいです。

Img_10782
  *********************************

はい、今日のカボチャ料理はコロッケよ。玉ねぎとベーコンと牛乳が入っています。カボチャの風味とほのかな甘みが、なかなか好評でした。外房産カボチャ、あとまだ半分あるのですよ。えへへ、続いたって平気。だって、タダですもん♪

Img_09903_2

|

2007/03/11

ヒシの実

お人形さんも毎日私に付き合うのは大変なので、暫しのお休み。印旛沼で遊んで来ました。これ、実は海岸での漂着物ではなく、印旛沼のほとりで拾ったものです。ヒシは水生の植物ですからね。海岸漂着の物も含めて初めて見ましたが、エラく芸術的なカタチをしています。端々が針のように尖っているので、防犯グッズにもならないかしらね。茹でると中身は食用になるとか。あまりきれいなので沢山拾いました。欲しい方がいらしたらご連絡下さいね。印旛沼の風景など、よろしければこちらもご覧下さい。

Img_70882

|

2007/02/19

ゴバンノアシを剥く

では!

P21700442
↓前に拾って加工したヤシの実よりも繊維がやわらかい感じで、楽に剥けました。

P21700462
↓種のまわりに繊維質のものがくっ付いていて、ヤシの実と作りは一緒みたいでした。

P21700472
↓大きさはちょうどニワトリの卵くらい。ぼやけて見辛いのですが、アーモンドの薄皮のようなもので覆われていて、指で押してみるとかたい感じがしました。臭いはありませんでしたが、白いカビのようなものが見えたので、そのまま置いて来てしまいました。

P21700492
以上、ゴバンノアシの種を取り出しました。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

|

2007/02/17

思わぬものが・・・

しばらく荒れた天気が続いたので、ひょっとしたらヤシの実日和・・・と今日はすごく期待して外房の海に行きました。↓同じ外房でも、先週よりもはるかに上の方で飯岡に近い辺りです。もしもヤシの実が拾えたら、今度は大きな杯を作るんだ~♪

P21700722
↓って結局ヤシの実はなかったんです。その代わりに・・・もしかすると「ゴバンノアシ」かしら?皮を剥いてみましたら、中からニワトリの卵サイズの種(?)が出て来ました。

P21700412
↓次、なんと、ひょうたんが漂着していました。わ~い!前からひょうたんは欲しかったの。いろいろ細工が出来るみたいだし、でも今まで縁がなくて・・・。ふっ、欲しいものは海で拾うのさ。ちょっと手間はかかるみたいですが、これからひょうたんに挑みます。

P21700322

|

2006/11/14

臭わないヤシの実

↓昨日に引き続き、九十九里の海です。風が強いと雲の動きも早い早い。ふと見上げれば、こ~んな青空が広がっていました。昨日UPしたものとはエライ違いです。

Pb1200352
↓この浜、10/8にUPした「大荒れの九十九里浜」の時と同じところです。波は大きいですがまあ普通です。あの時の異様さを、あらためて感じました。

Pb1200362
↓風が強いと小さいものは砂ですぐ埋まってしまうのですね。ビンもこの通り。このままだとせっかく来たのにボウズだ~と、とぼとぼ歩いていたら・・・

Pb1200442
↓海の神さまどうもありがとう。万歳!ヤシの実とカボチャです。カボチャは若そうだったので拾いませんでしたが、ヤシの方は前のように臭わなかったので、大事に持って帰りました。さて、何を作ろうかな♪

Pb1200462

|

2006/11/09

自然のモノ

妙なタイトルは、明日のUPのためでして・・・(^^ゞ ↓今回、銚子のお隣の波崎(茨城県)の海にも足をのばしましたが、なぜだか写真が上手く撮れていませんでした。これは数枚まともだったものの中の一枚です。波崎の海はまるで千葉の九十九里のように、ずずず~っと砂浜が広がっていて、遠くからでも漂着物の確認ができそうです。次は双眼鏡を持って行かないとね。とても残念だったのは砂浜に車が入っていたこと。個人的にあれはいただけません。広いので気持ちはわかりますが。

で、これはヤシの実でしょうかね?中身が欲しかったので皮を剥きかけたのですが、すご~く臭って来たのであきらめました、残念!多分あれは穴の周囲が腐っていたのでしょう。でも波崎にも漂着することがわかったので再チャレンジです。(一円玉がのっています)

Img_39562
↓あとは銚子の海の分です。誰ですか、これ・・・イカかしら?

Img_39842
↓お豆は前に勝浦で見つけたイルカンダ(?)に似ています。

Img_40832
↓砂浜で太陽の光で見るメノウには、どうしたってかないませんけれど。

Img_40722

|

より以前の記事一覧