南房総

2008/06/09

そんな季節なのね

<ご注意>今日は海ネタですが写真にヘビがいます。苦手な方はすっ飛ばしてね!

先日の南房総の海。天気も良く、まだ6月だと言うのにかなりイイ色に日焼けしましたわよ。低気圧で天気が悪い日がありましたから、期待も大です♪

↓アサガオガイ~。今まで私が見たのは7月に入ってからでしたし、これもボロボロだったので去年の残りだと思っていました。だけどすでに今シーズンの漂着があったのですね。それで、ああそうかと思いました、もうそんな季節になったのですね。

↓次、ヘビ出ます。

Img_35282
↓ぬぉ~っ、海岸に何故なの!アオダイショウでしょうか、1.5メートルほど。生きてますのよ。私の歩いていたのは岩の上、50cm程高い位置でしたので見つけやすかったと思いますが、普通の高さで歩いていたら、かなり近寄るまで気付かなかったかも知れません。見ていたら水辺の岩の隙間に入って行きました。海でヘビが岩場に潜んでいる可能性もあるのですね。そう考えるとちょっと恐い、もしも毒のあるヘビだったりしたらね。冬は寒かったけれど、ヘビに出くわすことがなくて良かったなぁ(~_~;)

↓次、もう一枚ヘビです。

Img_35172
↓のんびりしたお顔ですが、私に騒がれて焦っていたかも。うるさくしてごめんね。

Img_35202
↓帰りがけに直売所に寄ったら、青梅が売られていました。そろそろ漬けておかないとね。1kgで350円って近所で買うよりうんとお安いわ!大きさがバラバラだけど構わないのだ。

Img_66832
↓梅酒ではなく、梅シロップを作ります。炭酸で割って飲むのが好き♪

Img_66852
↓3週間~1ヶ月ほどで飲めるようになります、楽しみ楽しみ。

Img_66902
気になる収穫は・・・また今度(^^ゞ

|

2007/07/31

快晴だ!磯遊びだ!

↓先日行った館山の海。梅雨が明けたかと思うほど清々しいお天気!空も海もブルーです。楽しそうに磯遊びをしている親子が多くて、私もつられました。

Img_09062
↓わ~、アメフラシ?触ってみたいなぁ。って、小さな魚が隠れています、見えますか?
 魚くん「・・・ぼくのお友達に何するんだよ」

Img_08942
↓魚くん「やめろよ~、お友達をいじめるな!」・・・ちょっとだから見せてよ。

Img_08962
↓魚くん「ちぇっ、しょうがないな~、ちょっとだけだぞ」・・・うん、ありがとね。

Img_08972
↓アメフラシ初触り。水をすご~く多めにして作ったゼリーみたいな感触でした。びっくりさせてごめんね。おとなしい子だね、魚くんと仲良しなの?

Img_09002
↓ヒザラガイ初触り。上になっている面は固いけれど、裏側は見た感じアワビのようです。虫みたいだけど貝です(納得)。アメフラシもヒザラガイも元いた場所に戻しました。

Img_09202
↓普段はまずやらないのですが、こんなに海がきれいじゃ入らないのはもったいない!

Img_09162
今週は館山の海についてです。

※私がアメフラシだと思っていたのは、どうやらナマコだったかも知れません。

|

2007/05/14

沖ノ島公園

館山にある沖ノ島へ行きました。この島は関東大震災で隆起して出来たそうです。周囲が1kmほどの小さな島なので、自然を楽しみながらゆっくり回ることができます。ご覧の通り陸続きになっているので普段は歩いて行けるのですが、前回訪れた時には悪天候で砂浜が水に浸かり渡れませんでした。なのでこの日は、一歩一歩踏みしめながら渡りました。

Img_00472
↓島の周りの岩場には小魚やイソギンチャク、それに小さい透明なエビも見ました。

Img_00612
↓カニもいました。

Img_00802
↓岩が斜めなのは隆起によるものだそうです。

Img_00912
↓ね、あちこち斜めなので、歩きづらいところもあります。ん、洞窟?東京湾には戦時中の要塞跡が見られる場所が何箇所かあるようですが、この島もその一つなのですね。

Img_00642
↓入ってみました・・・中から海を見るとなかなか素敵なのですが・・・

Img_00632
↓ストロボを使わなければ本当は真っ暗!幾つかの部屋に分かれていて、奥で繋がっているところもあれば、外が見える小さめの穴が開いている部屋もありました。

Img_00722 今回は主に島の外側を歩きましたが、内側には植物を観察しながら散策できる道もあるほか壕の入口も何箇所か見られるようです。

|

2007/01/29

季節のもの

↓昨日に続いて内房の海を南下し、今日の写真は館山の辺りです。去年は2月のはじめに見られた景色です。暖冬の影響で、今年の開花は大分早まったかな。房総フラワーライン、今年はもう見頃になっていますよ~。

P12700402
↓ハコフグがこの辺りにはいるようですね。年中いるでしょうが、フグと言うくらいですから旬は冬場でしょうか。美味しいとウワサなので、新鮮なものを狙っています。

P12700262
↓どんど焼きのエビ。ミカンやらお飾りやらの残骸にもワクワクしてしまうのは磯乞食だからです。でも、鎌倉で拾ったような素焼きのタイプではなく、石膏か何かを固めたようなもの。地域的な違いか、単に値段によるものか、どうでしょう。写真だけ撮りました。

P12700382

|

2007/01/15

鎌倉のみなさんと一緒♪

土曜の朝、このフェリーに乗って鎌倉のビーチコーマーズが千葉へいらっしゃいました。私は浜金谷から合流。天気もよく最高のBC日和!みんなの心がけが良かったのね。

20070113_09472
↓館山の海に突撃する前に館山駅で見たイルカの耳骨の展示。見つかるといいね。

20070113_13252
↓館山のとある海岸にて。貝溜まりはこんな感じです。

Img_61452
↓今回の収穫。ベテランビーチコーマーがいっぱいだもの、初心者にしてはまあまあでしょ。耳骨は拾えなかったけれど、鎌倉のメンバーと千葉の海でBCができて嬉しかったです。 みなさん、どうもありがとう (^o^)/

Img_58443

|

2006/10/29

青いもの

はい、昨日も行って参りました、今週も館山。よろしくお付き合いの程、お願いします。

↓いつもの浜人には、信じられないほどの透明な青い海!あ~、もう帰って来たくない。

Pa2800572
↓そんな美し~い海で見つかった青いもの色々!右下の石蹴りガラスの欠片は、もしかして日の丸模様かしら・・・。真ん丸はビー玉。濃いブルーのマーブル模様は、私の子供の頃にはなかったですね。で、それ以外のものですが、何だかお分かりになりますか?以前、Shigeさんの「Beachcomber's Logbook」でも取り上げられていましたね。この青い色の美しさに惹かれて、私も見つけると拾うようにしていましたが、館山の海岸にはこれが多かったこと。

Img_35582
↓電球のココの部分なんですね!左側は、金属の部分を外そうとして割れてしまいました。金属が食い込んでいることから、後でガラスを流し込んだのかしらなんていう想像も・・・。この金属が自然に取れるまで、どれくらい時間がかかるのでしょうね。

Img_35692

|

2006/02/18

館山の海 <陶片その1>

館山は千葉県でも一番南に位置し、冬でも暖かいことで知られています。今回、2月の初めに行って来ましたが、もう菜の花が満開でした(ちなみに千葉市では今日現在、三分咲きと言ったところ)。景色も海の色もきれいです。

Img_61852
おぉ、海の向こうに見えるのは伊豆大島です↓。

Img_61282
↓美しい海から揚がった陶片たちです。

Img_66832
↓東京湾のいつもの浜のものとは大きさも違います。金さん模様(左)と楽譜のような絵柄。手描きだと思いますが摩滅具合も東京湾のとは違い、時代がよくわかりません。

Img_66923
まず嬉しかったのはこれ↓。網目模様は何度か拾いましたが、見込みにこの模様は初めて。ちょっと汚れていますけどね。

Img_67003
続く・・・

|