いつもの浜

2013/09/04

謎のバッジふたたび

さてさて、皆さんはこのオレンジ色の缶バッジを覚えておいででしょうか。鹿と十字架と後光(?)という不思議な組み合わせのこの絵を私は非常によく覚えていたのですが、これ、去年の7月4日の記事に載せたものと同じですね。またありました。サビも進んでいますから、もしかしたら同一物の可能性もあるわけですが。去年も今年も見つけたのは6月のいつもの浜・・・って、毎度UPが遅くて恐縮です。でね、

Img_68982

思いつく限りの言葉を入れてネット検索に挑んではみたのですが、去年は何のとっかかりも得られませんでした。が!今年はついに判明したのですよ。あ~すっきり。浜歩きで見つけた得体の知れないものについて、ずっと後になって正体がわかるというのはわりとあることなのですが、その都度味わう達成感(笑)は堪りません。しかも今回はうれしいうれしいご褒美付きなのだっ♪

Img_68992

では、続きは次回ということで、また見てね。

|

2013/07/29

自転車に乗ってるのよ♪

お久しぶりでございます。みなさん、お元気でしたか?最近の私、なんと自転車に乗り始めましたよ。10代の頃は通学でほぼ毎日乗っていたものの、その後は段々と乗らなくなり、う~ん・・・かれこれ20年以上ぶりだわねぇ。「体が覚えている」っていうのが一応私にも当てはまったみたい。しかし、ジョギングをしている人が大抵追い抜いて行くとか、帰り道に至っては先を歩いている人にもなかなか追いつけないというのは、自転車としては相当ノロいんでしょうかね。「どこへでも行けます」というのにはまだちょっと技術的にも程遠いので、行く場所もとっても限られますが、少しずつ範囲を広げて行って、そのうち「タイトルを『散歩三昧』改め『ポタリング三昧』に・・・」なんてことになったりしてね(嘘)。

Img_69052

と、写真はいつもの浜ですが、段々とお外遊びをする機会も増えてきたので、ぼちぼち近況をUPして行きます。っていってもこれ、まだ涼しかった頃のものですが・・・(笑)。

|

2012/09/26

猛暑が恋しい

沖縄の海~っ!ではありません。東京湾の青潮です。気温が急に下がることが原因なのですかね、毎年この季節にはわりと見ている気がします。このところ千葉でもすっかり秋めいて、日中でも肌寒く感じることもあります。日が暮れるのも早くて何やらもの悲しい。私、寒いのは苦手でしてね。あんなに苦しめられた猛暑だけどちょっぴり恋しいわ。

Img_47292

|

2012/07/18

台風4号のあと その4 <なぜ漂着したか 私的考察>

ヘルメット。港で働くいちのせさん、台風が近付く夜の港を見回りに行く時、慌ててちゃんと被っていなくて飛ばされてしまったのでしょうか。危ないので顎紐を締めて被ってね。

Img_51962
あかくみ。落とし主は台風で入港できずに沖合で待機していた韓国の船・・・? あの荒れ模様の中で水をかき出していたとは思えないし、甲板に出しっぱなしだったのかな。まだ十分に使えそうでもったいない。

Img_52272
強風の際にはしまっておいたらいいと思うのだけど。

Img_52282
木材の切れ端。これは川か海に近い建築現場の廃材置き場から風で飛ばされたのか。本当にそうならかなり危ないと思うのですが、前もって飛ばされないような対策が取れないものでしょうかね。

Img_52382
卒塔婆。う~ん、卒塔婆の漂着は前にもありましたね。今回確認したのはこれだけでしたが、これもどこかのお寺から風で飛ばされたのでしょう。モノがモノですし、これもぜひ対策をお願いしたいです。

Img_52432
台風4号のあとシリーズはこれで終わりです。

|

2012/07/11

台風4号のあと その3 <昭和が香るもの>

「ジュース シロープ」と読めます。おそらく「チューチューアイス」と呼ばれるものの容器ではないかしら。「チューチューアイス」は地域によっても呼び名がかなり異なるそうですが、中身のジュースやシロップを凍らせて食べるアレのことです。普段はこの手のビニール製品は通り過ぎるのだけど、これは文字が古そうな感じが気になって手にとりました。

Img_52062
「製造元 東京都墨田区平川橋5-1 大澤商店」とあります。調べるとこの辺りは昭和42年の住居表示制度実施の際に合併して、現在は墨田区業平になっているんですね。

Img_52052
業平と言えば東京スカイツリーは業平橋駅が近いんでしたよね。ほらほら、いつもの浜からだってスカイツリーは見えるんですよ~。あれが建っている辺りに大澤商店さんがあったのでしょうね。

Img_51912
古い住居表示の容器がいつ頃まで使われていたのかはわかりませんが、こうしたビニール製品は屋外では紫外線でボロボロになりますよね。古そうなわりに状態が良いのは、どこかの土砂に埋まっていたものが強い風雨や波で崩れて出てきたのかな。思いがけず昭和の時代にタイムスリップした気分になり、楽しかったです。

Img_52032

|

2012/07/04

台風4号のあと その2 <玩具>

レゴの「ミニフィギュア」とか「ミニフィグ」というのかな。これって頭と胴と脚が分かれるんですね~、そこまで細かいとは知らなかった。顔も服も沢山の種類があって、要はいろんな人が作れるんですね。何年か前にはミニフィギュアの誕生30周年を記念した本も出たそうですが、年代によって服などのデザインも違うのかしら。これはどうだろう、古いのかな?

Img_51952
タバコを吸うサルの人形。タバコ(のようなもの)をくわえさせて実際に火を付けると、煙が出て本当に吸っているように見えるらしいです。個人的には見たことがなかったのですが、調べてみるとこの手の玩具(置き物?)が出回ったのは昭和30~40年代でしょうか。今だといろいろ指摘を受けそうな内容ですけれど、大らかな時代だったんですね。

Img_52162
キティちゃんグッズは結構どこの浜でも見かけますね。本気で拾ったら相当数集まるのではないかしら。浜専門のキティラーも面白いかも。古いかどうかの見分けのポイントは、やはり目の位置か。

Img_52222
缶バッジ。オレンジ色で、鹿と十字架と後光ですかね。6か所が光るのかしら。これはわかりません。映画か何かの関連商品とか、或いは宗教色の濃いようなものなのかしら。どなたかご存じですか?

Img_52442

|

2012/06/27

台風4号のあと その1 <種子>

久しぶりにいつもの浜です。先週の台風4号の影響ですね、浜が漂着物でごった返していました。ここは東京湾の奥の奥。日頃は波があるようなないような、全体的にあまり変わり映えのしない浜なので、こんなことは非常に珍しいです。長時間にわたってひどく荒れましたからね。なかなか面白いものもありましたので、順にUPしていきます。

Img_51982
唯一のお持ち帰りは種子。このお尻っぽさはヒメグルミでしょう?以前よその浜で一度だけ拾ったことがありますが、この浜で見つけたのは初めて。これは磨くとキレイなのよね。ツルスベにして『いつもの浜第一号記念』にしましょうかね。

Img_52312
ヒシの実もありました。ヒシの実の漂着自体はそれほど珍しくありませんが、あまりに牛顔だったもので。

Img_52142

|

2012/04/11

いつもの浜の、『きけん 立入禁止』

いつもの浜に来た人々の安全を願う千葉県。

Img_40232
コンクリート塀を設置するだけでなく、上に金属柵まで付けてしまう徹底ぶり。

Img_40234
脇からいくらでも入れちゃうんだけどね~。良い子のみんなは入っちゃだめだよ。

Img_40242

|

2012/02/16

見えないものが見える浜

先週久しぶりに行ったいつもの浜で、奇妙な体験をしました。

カニの甲羅にいた魔太郎に、ビー玉越しに睨まれ・・・

Img_37562
ウツボ顔のカニのハサミに、ギザギザの歯で笑いかけられ・・・

Img_37692
打ち上げられた骨に、吠えられている気がしました・・・きゃ~っ!

Img_37672

|

2009/09/23

複雑な思い

半年ぶりのいつもの浜。暫く前の台風での寄りモノはどんなかなと思って行きましたが、いつになく片付いていました。かなり気合いの入ったビーチクリーンが行われたようです。

Img_70562
半年来ないと様子がどんどん変わります。こちらは↓段差をなくして下りやすくするための工事でしょうか。干潮時以外でも歩ける程度に浜を残して欲しいものですが。

Img_70712
↓黒い砂利には相変わらず慣れませんが、何より突堤が造られているのには驚きました。

Img_70592
↓位置的には浜の中間辺りかな。なぜここに突堤が要るのかしら。砂の浸食が防げるのか、魚釣りに具合がいいのか、よくわからないのですが。

Img_70792_2
↓歩きづらそうですが、靴は汚れないかも。

Img_70802
埋立開発や砂の補充工事で見かけなくなった小さな生き物たちが、ようやく戻ったかと思うとまた手が加えられますね。↓こんな風景も以前より減ったかな。

Img_70642
水辺から少し離れたところで、泥面子↓が顔を出していました。よそから運ばれた土砂に混ざっていたのでしょう。集めているので嬉しいですが、工事のおまけだと思うと複雑。

Img_71032

|