千葉県外

2011/02/14

あっちのはすごいんだ!

1月の終わりになりますが、逗子方面に行ってきました。冬場にもかかわらず、近年稀に見る身軽さに我ながらびっくりです(笑)。行きのバスから撮った↓相模湾ですが、いやぁ、いつもこんなに波がないんですかね。それとも絶好のお日和だったのかしら。

Img_05962
冬真っ盛りのはずが、実にぽかぽかな陽気でした。朝までぐずついたところもあったのにね。つくづく晴れ女。海辺はだいぶ春めいた感じがしました。冬の眠りから覚めていろんなものが動き始める頃っていいですね。こちらも何やら元気が出ます。

Img_06152
岩に海藻が生えていました。これが滑るんですね。ところどころで四つん這いになりながらの移動で、だいぶ足腰にきました。が、そんな疲れを吹き飛ばすものが・・・。

Img_06132
キイロダカラとハナビラダカラ。どちらも自分で見つけたのは初めて。夢の2点セットに相当浮かれながらも、拾い上げる前に写真をちゃんと撮りました。今見てもわくわくします。

Img_06172
タカラガイ通貨の復活にはちょっと数が足りませんが、このツヤを見られたのが何より嬉しい。これ↓が乾いた状態なのが驚きです。陶器のようでもあり、右二つには揚げ茄子の雰囲気もあるなど、それはそれはツヤっツヤです。今まで何度かあちら方面に足を運んでいたものの、あまり興味がなくて知りませんでした。またいつか行ってみたいと思います。

Img_14742

|

2008/12/24

鎌倉の海へお出かけ~♪

うちから鎌倉駅まで、電車を使って待ち時間なんかも入れて、大体いつも2時間と少しかな。何度行っても近いとは感じませんが、それでも年に何度かは行きたくなるんですね。

Img_51383
↓右を見て・・・うわぁ~い!

Img_51472
↓左を見て・・・きゃっほぅ。風が強かったけれど、いいお天気に恵まれました。鎌倉に行くのに朝から晴れたことって、今までホント少なかったなぁ(笑)。ついに雨女返上か、おほほ。

Img_51482
↓鎌倉の海にいるトンビは人慣れしてますね。一緒にいたお友達が魚を投げてくれていたせいかもしれないけれど、でもその魚には見向きもしていなかったけれど(^◇^)、房総のトンビはこんなに近くでは撮れませんもの。

Img_51512
↓拾いものはこんな感じでした。

Img_97302_2
<ご覧いただいている皆様へ>ここ数週間、せっかくいらしていただいても記事が更新されておらず申し訳ありませんでした。本日からまたUPしていきます。いささか思うところがあり、コメントをお受けしないで進めていくつもりです。一方的な形となり恐縮ですが、今まで通りに海や陸のこと、興味を持ったことなど載せていきます。どうぞよろしくお願い致します。何かありましたら、メールにてご連絡下さい。(メールアドレスはリンク集の「散歩三昧」に載せてあります)

|

2007/08/24

三浦半島へ

お友達と逗子駅で待ち合わせをして、三浦半島の海を回りました。この日は朝から雨降り・・・行きの電車では、窓に叩きつける雨で外の景色が見えないほどでしたが、逗子に着く頃には雲が切れ、青空がのぞくようになりました♪

↓雲に浮かぶ富士山、その見える位置の高いこと高いこと!一言で言えば「近いから大きく見える」ということでしょうけれど、私がいつも行く千葉の「いつもの浜」から見える富士山は、もっと水平線に近い位置に見えます。お友達に「あ、富士山だよ~」と言われて「どれどれ」と探す私の目は、はるかに下の方を見ていたのでした。

Img_12972
↓この日の収穫の一部。とびきりのシーグラスが拾える浜に行きました。写真右上はメノウのつもりで拾ってきたのですけれど・・・

Img_09322
↓どうでしょう?銚子のものは黄色っぽいけれど、こちらのは白いのね、氷砂糖みたい。

Img_09332
↓自分のお土産に買ったのはこちら。調べてみたら全国で買うことができるのだそうですが、発売されたばかりの数量限定品よ!回った辺りの景色を思い出しながら、いただきま~す。とても楽しい一日でした。

Img_09413

|

2007/07/04

鎌倉の普通のあれこれ?

鎌倉の海では別段珍しくはないものかも知れませんが、私にとっては実際に初めて見るものばかりで、びっくり\(◎o◎)/!の連続でした。

↓スベスベマンジュウガニですか。変わっているけれど、これが名前だそうです。毒があると言われなければ指でツンツンしていたと思います、危ない危ない。そうだ、前にとりつかれたようにやっていたのだっけ↓。今日また久しぶりに遊んじゃいました。 http://www.nhk.or.jp/minna/subegani/

Img_06072
↓イカの卵。食べられないのかしらと考えていたら、一緒にいたお友達はポ~ンと海へ帰して「増えて戻っておいで~!」って・・・更に上がおいででした。(バラしてごめん)

Img_06062
↓どちらもインクびんでしょうかね。ほんのちょこちょこっと歩いただけなのに大収穫でしたよ!鎌倉の海ってやっぱりすごいね。行く度に心惹かれています。

Img_99352
以上、今回の鎌倉レポートでした。


|

2007/06/29

鎌倉へ

お友達と待ち合わせをして、鎌倉で遊んで来ました。私にとって2度目の材木座海岸(でいいのかな?)です。う~ん!この景色↓を実際に見るのは、1年以上ぶりなの。嬉しい嬉しい!日差しはあるものの薄雲りで、まずまずのBC日和。早速歩き出すと・・・ん?

Img_05882
↓何やら人が多いぞ、何かのイベントらしいわ・・・ひそひそ言いながら近づくと、oh!びっくり。この日はなんと「海開き」だったのですね~。ライフセイバーやヘリによる水難救助の実演や薬玉割りなどに暫し見とれました。えへ、いいでしょ、偶然立ち会えたのはラッキーでしたね。

Img_05892
↓大潮でかなり引いている時間だったようで、和賀江島の辺りもこの通り。前に行った時には水に浸かっていて景色が全く違ったのにね。岩がグラグラして歩きづらかったけれど、小魚やカニやヤドカリが沢山見えました。目当てのお宝も拾えたし、海からの帰りにはちょっぴりだけ街の方にも行きました。鎌倉を楽しむには、とても一日じゃ足りませんね。

Img_06022

|

2006/11/10

自然ではないもの

これら3枚は11/4の波崎以北の海岸です。10月に沖で座礁・横転した船の燃料油などが流れ着いたものです。すでに周辺の漁業に影響が出ている他、油にまみれて死んだり弱ってしまった海鳥が確認されているようです。これ以上被害が大きくなる前に、船の撤去を急いで欲しいところです。

Img_39542
Img_39652
Img_39662 
↓前衛作品か・・・いえいえ。浮き玉のヘソかな?小さい方は波崎で、あとは銚子です。

Img_40912
↓青の二重線!な~んてね。銚子は陶片が少ないのです。

Img_41052
↓シリーズ「貝溜まり」。微小貝がいっぱいです。

Img_39232
以上、銚子の海でした。お付き合いいただきありがとうございました。

|

2006/11/09

自然のモノ

妙なタイトルは、明日のUPのためでして・・・(^^ゞ ↓今回、銚子のお隣の波崎(茨城県)の海にも足をのばしましたが、なぜだか写真が上手く撮れていませんでした。これは数枚まともだったものの中の一枚です。波崎の海はまるで千葉の九十九里のように、ずずず~っと砂浜が広がっていて、遠くからでも漂着物の確認ができそうです。次は双眼鏡を持って行かないとね。とても残念だったのは砂浜に車が入っていたこと。個人的にあれはいただけません。広いので気持ちはわかりますが。

で、これはヤシの実でしょうかね?中身が欲しかったので皮を剥きかけたのですが、すご~く臭って来たのであきらめました、残念!多分あれは穴の周囲が腐っていたのでしょう。でも波崎にも漂着することがわかったので再チャレンジです。(一円玉がのっています)

Img_39562
↓あとは銚子の海の分です。誰ですか、これ・・・イカかしら?

Img_39842
↓お豆は前に勝浦で見つけたイルカンダ(?)に似ています。

Img_40832
↓砂浜で太陽の光で見るメノウには、どうしたってかないませんけれど。

Img_40722

|