« 2013年9月 | トップページ | 2014年4月 »

2013年10月の記事

2013/10/25

光るギザギザ

『閃輝暗点(せんきあんてん)』をご存じですか。私はつい先日までその言葉も、どういう物事を指すのかも知りませんでした。実は先日家族の者がそれになりましてね。何でも「目の中に光るギザギザが見えた」んだそうで「そのギザギザにはさまざまな色が入っていて、30~40分見えていた」とか。話を聞いて「何を言い出すんだろう」と思いました。一緒にいた他の人には見えなくて自分にだけそんなものが見えるって。「幻でも見たんじゃない?」というセリフをまさか本気で言う日が来ようとは。ひょっとして異次元への扉が開いちゃったか?・・・突然でしたので、そんなことしか浮かびませんでした。

2_2

「この人は大丈夫だろうか。」身体は至って元気そうに見えますが、私はいろんな意味で心配になってきて、とりあえずそんなことはありっこないが、同じようなことがもしかしたら他の所でも起きていやしないか・・・という思いで慌ててネットで調べました。で、初めて知ったのでした、閃輝暗点。翌日、頭部MRIと頸部エコーの検査をしてもらいましたが異常なし。やはり「閃輝暗点であろう」ということでした。うちは今回「光るギザギザが見える」だけでしたが、片頭痛を伴うことも多いとか。今のところ原因はわかっていないのだそうです。

いやいや、こんなことがあるんですね~。ご存じでない方はぜひ「閃輝暗点(せんきあんてん)」で検索されてみてね。周りの人や自身がなった時に、知っていれば多少は慌てないでいられるかも知れません。画像検索すると経験された方が描いたギザギザがいくつか出て来ますが、色も形も人それぞれみたいですね。お医者さんも「うん、いろんなのがあるんだよね」とおっしゃってました。参考にうちのギザギザも載せておきます。しつこく聞き取りをし、可能な限り忠実に再現したつもりです。

↓仕事中、エクセルの画面上に出現した光るギザギザ。場所は左上4分の1あたり。
(データは仕事にはまったく関係ありませんのでご心配なく)

1

↓寄るとこんな感じ。ギザギザの向こうは透けて見えるが見えにくかったそうです。飛蚊症の虫のように目で追おうとすると動くらしい。こんなものが30~40分も見えているなんて、鬱陶しいし、何よりびっくりしちゃいますよね。私も驚いたわ。

2

|

2013/10/13

Jägermeister(イエーガーマイスター)

ドイツ、マースト・イエーガーマイスター社で製造されているリキュールで、「イエーガーマイスター」の意味は「狩の達人」だそうです。ハーブ、果物、草根木皮など使われている材料は56種類とか。そのうち含まれているとされる甘草とかアニスといったハーブは、以前このブログでも取り上げたことがあるリコリス菓子『HARIBO SCHNECKEN(ハリボーシュネッケン)』にも使われていて、なるほど似た感じがするかも。どちらもクセがありますわね。ハリボー社も同じドイツの会社ですが、ドイツの人はこういうのが好きなのかしら。

Img_72442

飲まれたことのない方へ私的表現でお伝えしましょう。まず香りですが、いかにも薬草とか香草が入っているなという感じです。その中でミントとか生姜のようなス~っとする系が若干多めに香る気がします。薬草の香りがするという点では14種類の生薬入りという『薬用養命酒』(右)にも似ているかな。日頃から養命酒のお世話になっている私ですが、そういえば見た目も何となく似ている・・・どころか見分けがつきません。でもアルコール度数はうんと高く、養命酒のつもりで飲むとむせます。口に含むと柑橘系の風味も広がります。とろっとして甘苦いお味。ジュースや炭酸で割るのもありだそうです。

Img_72392

日本で輸入しているのはサントリー(写真左)。の他にもありますが(写真右)、右の方はその時々のレートにより値段が異なるそうで、ちなみに先日はサントリーのものより若干高かったです。ほんのお試しに買ってみた風を装うつもりが、これでは度重なる購入がバレますな。

Img_72492

で、ラベルにあるこのマークには元になっている話というのがあるそうで、

Img_72502

・・・昔々、動物を殺すことを何とも思わない野蛮な猟師がいて、聖なる日とされる日曜ですら狩りに出かけて行き、行った先の暗い森の中で光を浴びる鹿を見て、それを神のお告げと信じ、それからは聖職者となり死ぬまで罪をつぐなった。後にハンターの聖人としてあがめられるようになった・・・

と、えらく大雑把な要訳ですが大体こんな具合。ほぉ~。詳しくはこちらをどうぞ。 http://bartendersclub.suntory.co.jp/brand/2011/10/index.html

さあ、もう気が付かれたでしょう。私がいつもの浜で見たあの缶バッジの絵柄はイエーガーマイスターのマークでした。なぜ2回もいつもの浜で見つかったのでしょうね。それについてはまた次回。お楽しみに~。

|

« 2013年9月 | トップページ | 2014年4月 »