« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月の記事

2012/12/31

年の瀬

2012年も残すところあと数時間となりました。千葉市は曇り空。それでも空気は澄んでいるのか、遠くの山々はよく見えています。ご近所のおじさんは玄関ドアの水洗いをしていました。寒いのにえらいなぁ。

Img_63032
先ほど今年最後の買い物に出て、年越しそば用の天ぷらを買って来ました。これで準備万端です。

Img_63062
それでは皆さんもよいお年をお迎え下さい。また来年。

|

2012/12/24

クリスマスの飾りを作りました

前回UPした茹で松ぼっくりが乾きました。冬場は乾燥しているので割合すぐに乾きますが、それでも松かさが開ききるまで4~5日は置いておきました。

Img_61612
ヤニで汚れていることが多い裏側もこの通り。茹でるとスッキリ取れます。せっかくきれいになったので、このまま素材の良さを生かして穏やかな感じの飾りにしたいところですが、他に色のある実などを用意していなかったので、そんな時には例のごとく。

Img_61622
はい、金色に塗っちゃいました。まあ、そのままで使うにしても何かを塗るにしても、ヤニはない方が扱いやすいですよね。松ぼっくり、フウの実、そして前に拾ってあったトキワギョリュウの実もアクセントと接着剤隠しを兼ねて使いました。

Img_62743
キンピカ飾りの出来上がり~。我が家の玄関扉は黒っぽいので、これくらいでちょうど良いことにしましょうかね。それでは皆さんも楽しい24、25日をお過ごし下さいませ。メリークリスマス♪

Img_62742

|

2012/12/20

大根が干し上がりました

一体なんのブログだかわからなくなってきた今日この頃ですが、大根の干し具合を記録しておきたかったのでお付き合い下さいね。冬場の晴天3日目はこんな具合になりました。朝出して夜は取りこみました。多少黒ずみができるのはアクがあるせいなのかどうかわかりませんが、味に問題はなく、気にせずいただきますよ♪

Img_61892
表面はパリパリですが、まだ水分が残っています。すぐに食べるのでこれくらいで終了です。それにしても毎度切り方が不揃いで恐縮です。ちょっと尻尾の方だったもので(←言い訳)。

Img_61852
で、私のオススメのお味噌汁、油揚げとともに。毎度鍋ごとで恐縮です。これが本当に美味しいの。干した大根からお出汁が出て何とも深い味わいです。ごちそうさまでした。年末年始のお休みに皆さんも干してみませんか?

Img_61922

|

2012/12/19

干した野菜が美味しい♪

冬場にはいつも狭いベランダで洗濯物以外にもいろいろと干しています。始めはお正月のお雑煮に使う干し椎茸をちょこっと作っていたのですが、段々とエスカレートして、晴れると何か干さずにはいられないこの頃です。干した野菜って美味しいんですもの。少し前までサツマイモが安かったので、柔らかめにふかして薄く切って干し芋を作り、干し芋三昧な日々を送っていました。で、今は大根を干す日々。切り干し大根と言えば煮物が美味しいですが、私はこれをお味噌汁に入れるのが好きで、それが楽しみで干しています。これ↓は2日目。3日も干すとちょうどいい具合になるでしょう。

Img_61812
それではまた明日。最近めっきりなくなった連日UPです。

|

2012/12/12

ようこそ、ひょうちゃん御一行様

大勢いるでしょう。実はこの御一行様は、去年私がブログをしばらく休む前にある方にいただいていたものなんです。ありがたいことに浜で見つけると拾っておいて下さるのですが、これだけの数を拾い上げる労力は大変なものですよね。本当に嬉しいです。

Img_61392
さて、我が家のひょうちゃんの溜まり場といえば、ここよ。以前作ったひょうちゃんの壁かけ。ここに仲間入りします。楽しそうにワイワイやっている感じがいいでしょ?いつもこの子たちのお顔を見ながら暮らしています。前からいるみんな、新しいお友達が来るよ~♪

Img_17795
でもその前に、お天気もいいのでね、たまには壁かけもお洗濯しますよ~。手洗いですがひょうちゃんが付いたままOKです。

Img_61432

また見てね。

|

2012/12/05

クリスマスの飾りを作ろう

去年拾っておいた松ぼっくりとフウの実です。少なくてリースにはなりそうにありませんね。これだけで何ができるかな~。

Img_61162
この松ぼっくりはさほどでもありませんが、大きいものになるとヤニが多くついているのでキレイにするために茹でます。我が家の「松ぼっくり茹で専用鍋S」。専用にしないとヤニはなかなか取れませんのでね。

Img_61192
茹でるうちに段々としぼみますが、乾けばまた開きます。プ~ンと松ヤニの香りが漂って、毎年この匂いで季節を感じます。灰汁が沢山出ますが、くれぐれもこれをお玉ですくわない方がいいですよ、ベタベタが広がって大変なことになります。キッチンペーパーやクッキングシートで落とし蓋をすると、くっついてわりと簡単に取り除けます。

Img_61242
茹で終わったら広げて乾かします。ヤニだか油だかが全体に行き渡ってツヤツヤです。

Img_61292
それでは来年までよ~く乾かします。

Img_61302
というのは冗談で、今年のクリスマスには間に合わせたいです。また見てね~。

|

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »