« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月の記事

2012/11/28

赤ハムエッグ

以前、給食の思い出の一つにハムエッグのことを書きましたが、その時話題にした赤ハムを見つけました。うれしいわぁ。数軒探したけれどなくて、結局「あそこにはないんじゃないか」と思っていた大型スーパーにありました。丸大食品のチョップドハムです。「赤ハム」のことを「チョップドハム」というんですね。その昔、食品トレイに入って売られているのを見た記憶があったのでそういう目で探していましたけれど、こんな包装になったものがあるとはね。びっくりしました。

Img_61012
それでは早速思い出深き給食のハムエッグを作ってみたいと思います。ハムを敷いた上に卵を割って、軽く塩コショウですかね。厳密には容器がステンレス型なのが給食と違っています。今回は手に入らなかったので仕方ありませんが、本物は使い捨てで厚手のしっかりとしたアルミ型が使われていました。これをオーブンで焼きます。すると・・・

Img_61042
こんな感じこんな感じ。もうね、焼き上がった匂いでわかりますね。やはり私が当時給食で食べていたのは赤ハムエッグです。アツアツではなく冷めたところをいただくのが給食風。卵は中がプリプリだけど、表面に膜ができたような硬さがあります。フライパンで作るハムエッグとは違う食感で、当時もそう思って食べていたことを思い出しました。懐かしいなぁ。

Img_61072
そしてもう一つ。赤ハムといえばハムカツでしょう。はい、初めて作ったんだから粗を探さないようにね(笑)。お肉屋のおばちゃんが揚げるのとは雲泥の差で参りますが、それなりにハムカツらしきものができて、どちらもおいしくいただきました。ごちそうさまでした。

Img_61112

|

2012/11/21

ブリの耳石

6mm弱です。大きいわりに探すものが小さくて、これも難易度が高めかしら。

Img_53993
このブリの頭から取り出しましたよ。私の人差し指と比べても、かなりの大きさであることがわかりますよね。なのでもっと大きな耳石を期待していましたが、魚の体と耳石の大きさは何故か比例していないんですね。

Img_60632
これからお湯をかけてきれいにするところ。身が沢山ついていますよ~。これで250円はかなりお買い得でしょう。

Img_60682
塩焼きも大好きだけど、焼くと耳石が割れるので生姜と煮ました。骨の入り組んだところの身を探し出して食べるのが美味しいし、楽しいのよね。特に目のまわりのトロトロなところが好き。一人で頭半分は食べでがありましたね。ごちそうさまでした。

Img_60692

|

2012/11/14

富津よいとこ一度はおいで

はい、富津の続きです。逆光で見づらいですが、富津中央出口です。はかりめ祭に浜歩きにと、富津は行く度にまた行きたくなるのでもう何度か足を運んでいますが、まだまだ初心者。知らないことが沢山あります。

Img_60102
10月下旬にはかりめ丼を食べたお店で、枝豆をごちそうになりました。お店のご夫婦が収穫されたものだそうです。私を含めて、枝豆は夏に食べるものと思っておいでの方が多いと思いますが、千葉には秋が旬の枝豆があったのでした。富津の辺りで作られているのは『小糸在来』という種類です。

Img_60272
これがですね~、味と香りが濃くてすごく美味しいの。夏の枝豆はあっさりとして暑い季節にぴったりですが、こちらの枝豆はやはり薄ら寒くなった秋に合う感じです。実はこちらの↓写真のものは「味見にどうぞ」といただいたものなんですよ。私、幸せ者でございます。

Img_60292
家に帰ってから、早速茹でていただきましたとも。夏の枝豆は茹で過ぎないプリプリが美味しいけれど、この枝豆は少し柔らかめに茹でる方が、濃厚クリーミーな感じが味わえると思います。美味しかった!ごちそうさまでした。

Img_60433
千葉の秋枝豆の収穫時期は10月上旬から11月上旬頃です。皆さんも機会があったらぜひ味わってみて下さい。富津へ行こう。東京湾観音様も待ってるよ。

Img_60132

|

2012/11/07

はかりめ祭

10月下旬、久しぶりに富津へ行きました。山の上に見える東京湾観音様はお変わりなさそうですね。去年はいろいろあって来れませんでしたから、実に2年ぶり。東日本大震災の影響がずっと気にかかっていましたが、どんな具合でしょうか。

Img_60162
海でゆっくりする時間は取れなかったのですが、地元の方に伺った話によるとこの辺りでも2メートルほどの津波があったそうです。砂浜の砂がずい分減ってしまったり、船が流され漁をやめざるを得なかったお宅もあるなど、内房の津波被害はあまり報道されませんが、やはり大きな爪痕を残していたのでした。

Img_60152
話は変わりますが、恒例の「富津はかりめ祭」が今年も始まりました。一昨年初めて訪れた際の様子はこちらをどうぞ。今回お邪魔したお店にもポスターが貼られていましたが、アナゴのことをこの辺りでは「はかりめ」と言うのですね。東京湾産のこの「はかりめ」ですが、実は地震の後の漁獲量が落ちているそうで、一時的なことなのかどうか少し心配です。

Img_60252
店内に「はかりめ」ムードが溢れていて待ちきれないっ。「うめわり」も飲んでみたいっ。

Img_60212
「はかりめ祭」の期間中、お店によっていろんな種類のアナゴ料理を楽しめますが、今年我々が食べたのはこちら、焼きアナゴの丼でした。

Img_60232
前回の煮アナゴも非常に結構でしたが、焼いてあるのも香ばしくて美味しいですね~。この風味の豊かさは他ではなかなか味わえないかも。みなさんも機会があればぜひどうぞ。「富津はかりめ祭」は11月30日までです。

Img_60222_2

|

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »