« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の記事

2008/11/14

土人形

↓左手に福袋、右手に打出の小槌を持ち、米俵に乗った大黒様です。高さ3センチほど。

Img_96072
↓立体的で後ろ側にも形があります。

Img_96652
↓底部分。前と後ろそれぞれ型に入れて作り、後でくっつけたのでしょうか。穴は何?

Img_96712
HP「散歩三昧」の「泥面子他のページ」にUPしています。よろしければご覧下さい。

|

2008/11/09

江戸のゴミ

現在「千葉県立房総のむら」で「江戸時代フェスティバル」が開催されています。その一環で「お江戸おもしろ講座」という企画があり、今日はその2回目の「江戸のゴミ穴」という講座に参加しました。集めている泥面子を調べるのに繋がりやヒントがあればと思いました。

↓ここが会場。こんなお天気でも満席でした。

Img_50412
江戸時代と聞くとリサイクルの意識が強くゴミはなかったイメージですが、実はゴミに関しての苦労は多く、ゴミ出しのルールも定められていたわりには不法投棄も多かったとか。

↓お話がわかりやすく、資料類も興味深いものでした。

Img_50432
武士の出すゴミと町人の出すゴミとでは処分方法が違ったそうです。江戸の武家屋敷跡から生活品や食物残渣が多く出土していますが、これは当時敷地内に掘った「ゴミ穴」や枯れた井戸などにゴミが埋められたもので、出土品の中には泥面子・泥人形も見られます。町人の出したゴミは町ごとに集められ、最終的に処分地へ船で運ばれました。肥料となって千葉などの畑で撒かれた「江戸ゴミ」はおそらくこちらでしょう。武家のゴミ穴のゴミが必ずしも武士が出したものとは言い切れませんが、同じ泥面子でも武士の子と町人の子のものでは違いがあったのかしら、などと考えてみたり。まだまだ調べていきたいですね。

|

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »